ちいさなまいにち

興味あること:節約・断捨離・片付け・収納・時短・子育て

受験サポートと仕事について

みなさま、明けましておめでとうございます。

 

まさかここへ来て緊急事態宣言が再度出されることになろうとは

夢にも思いませんでした。

海外に暮らす姪は、

大学受験のテスト(たぶん日本の大学入学共通テストのようなもの)が

なくなったそうで一時期ゲームに明け暮れて荒れていました。

日本の受験生の努力が報われますように。。

 

f:id:tamazow:20210105163748j:plain

さて、私自身の仕事について、今日は少しぼやきたいと思います。

この新型コロナウィルスが猛威を振るう前から、

正確に言うと出産して間もない頃からずっと

在宅ワークをしています。

 

魅力と言えば、やはり子供が帰ってくる時間に家にいられることでしょう。

小学生は長い休みの前後に短縮授業が多く、さらに先生の研修などでも

早く帰ってくることが多いです。

 

高学年になると学童保育も使えないところが多くなるので

一人で、もしくは兄弟で留守番という家庭も増えますよね。

その点、在宅ワークは基本迎えてあげられるのでありがたいです。

 

ただし、迎えたところで仕事があるときは

子供に背を向けて仕事をし続けるわけで、相手ができるわけではありません。

私の仕事は、勤務時間があってないようなもので

作業しなくてはいけないことがあれば、夜だろうが土日だろうが

年末だろうがやらなくてはなりません。

その作業のスケジュール管理は上司がするので、調整しづらいのです。

 

中学受験は親のサポートが必至とよく聞きます。

計画、計略、戦略など、プランニングにまつわることは夫。

併走するのは私です。

 

今はまだ良いのですが、5年後半から6年1年間のことを考えると

仕事を辞めておきたくなります。お給料も全然増えないし、

なんなら産前より半減したままだし。

とはいえ、中学に受かれば、今度は絶対働きたいと思うでしょう。

仕事あるだけありがたいよ、って夫からも母からも諭されました。

 

あと1年間考えよう。