ちいさなまいにち

興味あること:節約・断捨離・片付け・収納・時短・子育て

歯を大切にしよう。40代でインプラントするかもしれません。

f:id:tamazow:20161007153726j:plain

image photo

 

歯医者に通っています。

 

「抜くしかない」と言われている問題の歯は、

左上の、笑うとチラッとだけ見える場所の歯。

 

 

この歯、

実は根幹部分の治療中、

その歯医者さんを信用できなくなってしまい

通うのを中断してしまった過去を持っています。

 

 

当時、娘が赤ちゃんで

とにかく寝不足で、人として機能しておらず

(ただただ赤ちゃんの世話しかしてなかった)

半年ほど、そのまま放置してしまいました。

 

 

それから違う歯医者に通い

銀歯をかぶせてもらったものの、

 

 

1〜2年ほどして

引っ越した後、

歯茎が膿むので

さらに別の歯医者に行くと

「もう抜くしかありません」とのこと。

 

 

笑うと見える場所の歯なので

入れ歯でいいですとは言いたくない。

かといってブリッジも

健康な犬歯を削ることになるし

できれば避けたい。

 

 

 

インプラントは、

費用面だけで悩んでいたけど

調べていくうちに

骨に金属ネジを埋め込むこと

そのものに不安が生じています。

 

 

 

どうするのかは、私次第なのですが、

こんな40代で「入れ歯」とか「インプラント」とか

悩むことになるなんて、想定していませんでした。

すぐに答えが出せないので1ヶ月くらい悩もうと思います。

 

 

 

こんな私が言うのもなんですが、

経験者として、声を大にして言いたいのは、

 

歯を大切にしよう。

歯医者をあなたの味方と思おう!

気になるところがあったら、すぐに歯医者に相談しよう!

信用できないなら、すぐに別の歯医者に行こう!

 

ということです。

 

歯の治療は、もう一回やり直しができませんよね。

削っても、抜いても、元通りにできない。

だから、いかに大切にするかが基本です。

 

 

娘は6歳で、まだ歯は乳歯です。

でも私のようになって欲しくないので

歯の定期健診にかかさず行っています。

 

朝晩歯磨きをしますが

歯磨き粉は使っていません。

 

箸もペットボトルも共有しません。

虫歯菌を移らせないためです。

 

今のところ、虫歯がないので

歯を大切にしてほしいことだけは

しつこく言い続けようと思っています。

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ