ちいさなまいにち

興味あること:節約・断捨離・片付け・収納・時短・子育て

【防災の日】防災グッズ(持ち出し用)を少し見直す

f:id:tamazow:20150901140050j:plain

 

ソファの前に、島のようなフットスツールを置くようになってから

その中には、防災グッズを入れています。

 

chiisana.hatenadiary.com

 

今日は、防災の日

今朝のあさイチ

「スゴ技Q これならできる!災害食」で

災害時の食事について。

ノンストップのケイケンジャのコーナーは

危機管理アドバイザーの国崎信江さんが

備蓄されている防災グッズを紹介。

 

どちらも観て、我が家の至らなさが身にしみたので

ひとまず家にある持ち出し用の防災グッズを

並べてみました。

 

 

全然、不十分。

 

なのはわかるのですが、

オススメの防災グッズが

テレビ番組や本などによって

水も、1人1日2ℓだったり3ℓだったり

だいぶ違いがあるので迷います。

 

 

家族3人ですが

娘の分は私のリュックに入れるとして

大人用のリュックが2つに分かれるように

私と夫がはぐれても、お互いに生き延びていけるように

想定していれないといけないですね。

今はグチャグチャです。

 

 

足りないもの。

・止血パッド

・ホイッスル

・大判ハンカチ〈マスクや止血などに使用〉←手ぬぐい

(手ぬぐいにされているというコメントを頂き、その方がより用途が広そうなので

手ぬぐいを購入しようと思っています。ありがとうございます)

・口内洗浄液〈ウェットティッシュで応用も可?〉

・500mlのペットボトルと羊羹や飴などの食料

・軍手か、手を傷つけない手袋

 

家に足りないもの。

・缶詰(サバの水煮・大豆などの素材の缶詰)

・水(現在1箱しかない)

・大人用おむつ〈断水時のトイレ〉

・麻袋〈部屋の中のガラスなど危険物を取り除く際に使用〉

 

・カセットボンベ〈災害食の調理〉

 

思いついたら、

さらに足していこうと思います。

 

 

 

 

家にずっと居続けて救助や援助を待つ場合と

避難所に移動して何日か避難生活を送る場合。

いろいろな状況が想定されますが

とにかく、1週間〜10日間を生き延びること。

生き延びるためのもの。

 

防災の日

災害時のことを改めて考えることができたので

日々の生活に流されないうちに、

しっかり備えていきたいと思います。