読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちいさなまいにち

興味あること:節約・断捨離・片付け・収納・時短・子育て

私が、家にあるものすべて定位置がある生活がしたい、その理由。

私の仕事は、だいたい毎月20日前後が忙しいので

その前の1週間くらいは、あまり予定を入れていなくて

ずっと家にいることが多いです。

 

 

 

かといって、家事をいっぱいできるかというと

そうでもなくて、

PCの前にずっと座っていることが多いので

家のシンプル化は進んでいません。

(むしろ、散らかります…涙)

 

 

 

理想のシンプルライフは、

家の中にあるものすべてに定位置があって、

きちんとしまえてスッキリしている空間で暮らすこと

と、昨日書きました。

 

 

chiisana.hatenadiary.com

 

 

 

断捨離もシンプルライフも、

「自分自身を見直す」

自分のライフスタイルの理想を探す」

「物への関わり方を改める」

という感じがします。

(他にも色々法則?みたいなものはあると思いますが…)

 

 

 

何もないガランとしてる部屋にいるのが

落ち着かない人は

ガランとしてなくていいんだと思います。

 

 

でも、どこかで見聞きしたので

ざっくりしか覚えていないんですけど

物にはパワーがあるので

いっぱい有り過ぎると疲れます

という話、

とてもストンと心に入って

いまだに忘れられず、頭の片隅にあります。

 

 

家の中にあるものすべてに定位置があるって

ようするに不要なものが一切ないってことだと思うのです。

というか、すべてのものを把握できてないと

定位置って作れない気がします。

 

 

 


 

 

若い頃の私は、

アバウトに収納する性格で

 

この引き出しには大事な書類

ここには美容系グッズ。

ここは、薬関係。ここは文房具と工具系…etc

と、エリアとカテゴリー分けだけして

あとはぐちゃぐちゃに収納していました。

 

母にもよく、

「こんなにぐちゃぐちゃなのによく必要な物が見つかるね」

 と言われていましたが

当時の私は、ほめ言葉だと思っていました。←どうしようもない。

 

家族が増え、

夫も娘も、探し物を全部私に聞いてきます。

それは、たぶん、探し方がわからないからです。

 

引き出しに適当にしまっておいて

「たぶんこの引き出しにあるから、この中探して。なかったらないから」

 で、通用しないので

その都度、私もその探し物が入っているであろうエリアを

探すわけですが、

 

若い頃は、私の物だけ探せば良かったけれど

今は家中のものを家族3人分探さなければいけません。

 

 

単純計算で3倍…。

 

 

まして、アラフォーの私。記憶力は若い時より

もちろん落ちている訳で、思い出せないこともしばしば。

 

そりゃ疲れるわけです。

 

 

 

 

この場合、ものが多いから疲れるというよりは

ものがきちんと収納できてないから疲れるのかもしれませんが…(笑)

 

 

そんな訳で、いつか

家族みんなが、もののありかを把握できるように

ものを探すときに夫に

「ママがキーマンなんだよ」とか言われずに済むように

頑張ります。

 

長くなりましたが、最後まで読んで頂き

ありがとうございます。